ダイレクトロード「海辺の町」

『ここは瀬戸内海に面した美しい海辺の町。ある日、南海トラフ地震が発生し、大きな被害が出ています。なお、この町には地震発生から80分で津波が到達すると予想されています。自分たちが避難する時間を考えると、活動できる時間は限られています・・・』

DIRECTROAD「海辺の町」データ

 神戸市消防局公式サイトに、実施に必要なStandardタイプとBasicタイプの全データ(正解例含む)を掲載していますので、そちらから印刷してお使いください。 「情報カード」は、名刺印刷用紙を使うと作成が楽になります。

神戸市:災害協力シミュレーションゲーム ダイレクトロード
神戸市自治体サイト

StandardとBasicの違い

 StandardとBasicの違いを説明します。まず、「情報カード」では「暗号カード」の多少です。皆さんは、試験の直前に限って部屋の掃除がしたくなったり、ほったらかしにしていた本を読みたくなったりした経験はありませんか? 大災害発生直後にも、同じような心理状態が生まれることがあります。目の前の現実から心理的に逃避してしまうのです。ダイレクトロードの最終目標は、周りにいる人たちに4種類の指示を出すことです。でも、目の前に「暗号」があると、ついつい解きたくなってしまうものです。暗号解きに夢中になって、指示を出すのが後回しになってしまうグループが出てきます。「暗号カード」は、目の前の現実からの逃避心理を疑似発生させるためのカードです。

「指示用紙」では、自分たちがしなければならないことが一目瞭然であるかです。Basicタイプの指示用紙は、それぞれに「消火指示」「救助指示」などが書かれてあります。Standardタイプは、全ての用紙に「指示書」と書かれていて、文章を読んでいくと何をすべきか分かるようになっています。Masterタイプは、用紙が一種類しかなく、状況からなすべきことを判断する必要があるので最難関ですが、消防職員や防災関係者向けですので公開はしていません。

DIRECTROAD「海辺の町」進行役シナリオ 音声データ

 ゲームの流れをつかむために聴いてください。ゲームを実施なさる際は、あなた自身の声でおこなってください。

開始からゲームスタートまで
ゲーム開始5分経過後 サイレントタイム1
ゲーム開始から10分経過後 サイレントタイム2
ゲーム開始から20分経過後 サイレントタイム3
ゲーム開始から25分経過後 サイレントタイム4
ゲーム開始から45分経過後 サイレントタイム5
ゲーム開始から55分経過後 ゲーム終了
ゲーム後のふりかえり

フィードバックに、ご協力お願いしますm(__)m

 このゲームを実施された際は、結果をフィードバックしていただき、ダイレクトロードの更なる発展にご協力をお願いします。

フィードバック用紙(Excel形式につき必ず保存してから入力してください)